‖‖ぷにすけ的八朔@ペンション祇園‖‖
2002年8月 場所:ペンション祇園
参加メンバー:つみきさん・もえぎさん・ぷにすけ

以前から夏の衣装を一度着てみたいと思っていた私。今年はついに夢が叶いました。初の夏衣装、そして初の紋付き。今回は舞妓さんの夏の大きな行事の1つ、八朔をテーマに舞妓体験です。


八朔とは、毎年8月1日に舞妓さん・芸妓さんが日頃お世話になっているお茶屋さんなどにご挨拶回りをする行事のことです。(朔日とは一日の意味。八月の朔日だから八朔なのですね)どこの花街でもしていますが、とりわけ祇園は黒紋付きの正装でご挨拶回りをします。絽の紋付きというめずらしい衣装に実際触れられたのはとてもうれしいです。今回はメンバー3人。芸妓さん(もえぎさん)・お姉さん舞妓さん(つみきさん)・妹舞妓さん(ぷにすけ)の3点セット。かなり華やかな変身になりました。

襟足を塗ります。通常2本足ですが正装時は3本足。このような型を使って3本足の形を作ります。金属のひやっとしたカンジが気持ちを引き締めますね。


型をはずすとこんなカンジ。キレイに3本足の襟足が完成。化粧をし、カツラを付け、着付けへ。3人なので結構大がかり。慌ただしさと華やかさとが交錯する様はまさしく置屋さんのようでした。

<次へ>


レポートインデックスページへ戻る


変身処案内ANIMATO 管理人 ぷにすけ
SINCE 1999.8.31 Copyright PUNISUKE. All Rights Reserved.