ページ先頭です

本文へジャンプする

ここより本文です

さろん

2012年夏舞妓オフ@ペンション祇園

総勢7名!夏限定の装いを満喫してきました。

参加メンバー
絢子さん
梅華さん
たかさん
たつきさん
たまごろさん
花桃さん
ぷにすけ

夏の舞妓さんの装いと言えばやっぱり憧れの勝山

夏の舞妓さんの装いといえば、忘れてはならないのが祇園祭の間に結われる「勝山」。歌舞伎のお姫様が結っているような髪型で、かんざしもこれまたお姫様のように大きく華やかな「お祭り」のかんざし。一度は結ってみたい憧れの髪型です。

キヌ美粧院
本物の舞妓さんたちも訪れる美容院で結髪。

今回は5名が地毛結いの勝山。うち4名は、舞妓さんと同じ祇園の美容室での本式結髪。朝早くから浴衣に着替え、順番に髪結いさんに伺います。

舞妓さんと同じように髪を結います

本物の舞妓さん・芸妓さんが出入りする美容室での結髪。結髪そのものはもちろん、変身体験のお店とはまた違った独特の空気も、ここならではの体験です。

結髪風景
写真はたつきさん。

貼ってあるカレンダーがさりげなく舞妓さんなのも、花街の美容室って感じですよね。

コテをあてて髪のくせを直し、パーツに分けてから髪を結っていきます。手際よく、どんどん髪型ができあがっていく様は、本当にいつ見てもすごいな~と思います。

結髪道具各種

傍らには、結髪に使う道具が並べられています。鬢や髷を形作る様々な道具や、いろいろな形の櫛。髪の中に入れる「あんこ」や付け毛などなど。

まるで昆布!?平たく伸ばされ板状になった髪のパーツが2本。これはどこに?

かもじ
勝山の髷を作る

髷を作るパーツでした。自分の髪は、この2つの付け毛の間にプレスされる形で収まっています。

「勝山」の完成

「勝山」が結い上がりました。丸みのあるフォルムが舞妓さんらしいかわいらしさを感じさせる結い上がり。

髷を飾る布の色は舞妓さんのキャリアによって異なります。赤は若い舞妓さん。お姉さんになると、ピンクや水色などに。

本文ここまでです

本文トップへ戻る

ここからローカルメニューです

ローカルメニューを読み飛ばす

ローカルメニューここまで

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る