ページ先頭です

本文へジャンプする

ここより本文です

FAQ

季節によって着物が違うそうですが、どう違うんですか?

着物に興味のある人はおわかりかと思いますが、着物は季節によって仕立てや素材が変わります。それと同じ事で、舞妓さん達の衣装も季節によって素材が変化します。着物に合わせてもちろん帯も。

本物の舞妓さんはそれこそ月ごとに様々なバリエーションがありますが、変身舞妓さんはそこまで季節感を重視して着物をそろえているお店は少ないです。ただ、中には本物の舞妓さんと同じように、季節ごとの装いを体験できるお店もあります。

着物を着る機会が少なくなり、自分で季節ごとに着物をそろえることも難しい今ですから、舞妓変身を通して季節の着物を体験してみるのもおもしろいと思いますよ(^_^)

「お姉さんの舞妓さん」とか「妹舞妓さん」とかってなに?

舞妓さんは、そのキャリアに伴い装いが変わっていきます。(詳しくは変身のための服飾文化講座をご覧下さい。)ここで言う「お姉さんの舞妓さん」というのはキャリアが長い年長の舞妓さんで、「妹舞妓さん」というのはまだキャリアの浅い舞妓さんのことです。

変身舞妓さんのスタイルのベースになっているのは、「妹舞妓さん」の格好です。髪型は割れしのぶ、かんざしも衣装も華やかでかわいらしいデザインです。舞妓さんもお姉さんになればなるほど(芸妓さんへ近づくほど)衣装も飾りもすっきりとシンプルになっていきますので、変身には見た目に華やかな若い舞妓さんの衣装をベースにするんでしょうね。逆にメイクになると、若い舞妓さんはあまり描き込まず、お姉さんになるほどにアイラインやマスカラもしっかり、口もはっきりと描くようになるので、変身舞妓さんのメイクはどちらかと言えば「お姉さんの舞妓さんのメイク」と言えるでしょうか。

というわけで、変身店ではそれほどその差を厳密にしていません。でも中には、違いを意識したトータルコーディネイトを楽しむことのできるお店もありますので、興味のある方はそうしたお店に行くのもいいかもしれません。

芸妓さん変身って、なんかどのお店も同じみたい‥

芸妓さんの装いは、舞妓さんに比べてすべてがシンプル。着物の色や柄も、舞妓さんに比べたら落ち着いたラインナップが多くて、各変身店の芸妓写真を見ても、舞妓さんほどそれぞれの違いを感じにくいです。そしてなにより、どのお店も芸妓変身のサンプルが少ない!(やはり利用者が多いのは舞妓さんのほうなんでしょうね。)いかにも「芸妓さんらしいサンプル」となると、なんとなくどこも似たような感じに見えてしまうのかもしれません。

で、実際にはお店によってまちまちです。芸妓さんでも衣装をいろいろ揃えているところもあれば、あまり種類のないところも‥‥。全体的にはどのお店も、舞妓さんに比べて品薄な印象はどうしてもありますね。需要と供給のバランスから言ったら当然のことなのでしょうが (^_^;)

芸妓さんって全カツラしかないの?

本物の芸妓さんが基本的にカツラなんですよね。そういうわけで芸妓変身も全カツラがスタンダードです。でも芸妓さんも行事によって自分の髪を結うときもあるので、中にはそういうときの芸妓さんの髪型(京風島田)を、半カツラや地毛結いでやってくれるお店もあります。

芸妓さんは全カツラがスタンダードと言いましたが、実際に「本物の芸妓さん仕様のカツラ」で芸妓変身させてくれるお店はそう多くないと思っています。ちょっとマニアックな話になりますが、芸妓さんのカツラの形って、時代劇の芸者さんとは違うんですよね。だから映画村の「芸者さん」は「芸妓さん」ではありません。(着付けも違いますよね)そこまで気にし出すと、本当に「本物の芸妓変身」を体験できるお店はあんまり多くないのかな(^_^;)

本文ここまでです

本文トップへ戻る

ここからローカルメニューです

ローカルメニューを読み飛ばす

ローカルメニューここまで

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る