ページ先頭です

本文へジャンプする

ここより本文です

FAQ

時間はどれくらいかかりますか?

平均的に、メイクと着付けでだいたい40分~50分。続いて変身後の写真撮影や散策の時間。あとは終わってメイクを落とし元に戻るまでの時間。

着替えにかかる時間と、元に戻る時間はだいたいどこのお店も変わらないので、あとは変身後の時間次第。プラン内容にもよりますが、きちんとお支度させてくれるお店なら、平均的な所要時間は3時間くらいではないでしょうか?外出無しで室内撮影だけのお店なら、その分変身後の時間が短くなるのでだいたい2時間~2時間半くらいですね。

ちなみに、そこそこきちんとした舞妓に変身させてくれるお店は、メイクに要する時間もほぼ大差ありません。よって、変身に要する時間が甚だしく短いと、変身のレベルもそれなりかなと思った方がいいかもしれません(;^_^A

グループでやりたいのですが、一度に何人くらいできますか?

これは、お店によってとっても差が出ます。5~6人、果ては10人くらいでもOKなお店もあれば、最高人数2人なんて所もあります。

どこに起因するかというと、ひとえに備品とスタッフ数ですね(^_^;) スタッフさんのいっぱいいる、大手系のお店なら大人数でも平気ですが、規模の小さいお店だとカツラなどの品数や、スタッフさんが少なかったりして、一度にやれる人数も限られてしまいます。

3、4人くらいなら、人数で選べるお店を制限することもあまりありませんが、5人以上になってくるとお店を選ぶ必要が出てくるかもしれません。人数が増えると所要時間も増えてくるので、時間的な制限がある場合は特に要注意です。予約時にきっちり確認、相談しましょう。

お店がいっぱいありすぎてどこを選んでいいかわかりません

えーっとですね、まずは物理的なところから攻めます。観光の合間にやるなら観光ルート内にあるところから。舞妓姿でここに行きたいって時は、散策プランにその場所が入っているところから。そして肝心な予算との兼ね合い(←最重要?!)お店の場所を問わない人は、プランと予算がやっぱり一番のチェックポイントですね。

とにかく物理的な条件からお店を絞るのが、一番簡単かつ重要です。そして条件の中でも絶対譲れないところと、妥協してもいいところを決めてみると、自分の希望にかなったお店を探しやすくなります。あとはこのサイトの情報も参考に(笑)

お店選びのコツを教えてください

何よりも自分の希望をはっきりさせることです!もう、これにつきます。人によって求めるものが違うので、ある人がいいと思うお店も、別な人にとってはちっともよくないことがあります。というわけで自分の要望をはっきりさせ、且つそれをかなえてくれるのはどこなのかを見極めることが大切になるわけですね。

たとえば、「とにかくとことん本物の舞妓さんの格好したい」とか「きれいな写真をなるべく安く撮って欲しい」とか「外に出られないのはイヤ」とか「お店がキレイじゃないと行く気がしない」とか「アクセスがいいのが基本」とか「予算おさえて、でもそれなりのお支度はしたい」とか。もうホントいろいろですよね。まずはポイントをはっきりさせて、お店を吟味します。

といっても「要望をはっきりさせること」はともかく「見極める」ってのが結構大変なんですよね(^_^;) お店の広告を見て、条件にかなうところを見極められるようになればいいんですが、これには正直ある程度の経験値も必要な気がします(苦笑) まあそういう「見極め」の材料を提供するのが、このサイトの目的の1つでもありますんで(^_^;) どうぞお役立て下さい。

写真撮影付きのプランってどんなカンジ?

舞妓変身は、どのお店もたいてい自分のカメラでの撮影が自由です。それに加えて撮影プランのあるお店もたくさんありますが、その内容はお店によって異なります。パターンとしては

  1. スタッフにプロカメラマンがいて写真を撮ってくれる
  2. 契約を結んでいるカメラマンが来て撮ってくれる
  3. 専属スタッフがお店の機材で撮ってくれる

いずれの場合も使うカメラは一眼レフなので、私たちが通常持っているようなコンパクトカメラで撮った物とは全然違います。1や2の場合は、さすがプロ!というものが上がってきますし、3の場合でもカメラのことをある程度勉強してるスタッフさんが撮るので、全くの素人が撮るよりも断然キレイです。

「きちんとした写真も撮っておきたい」「スナップ写真とはひと味違う写真がほしい」という方にはオススメです。「携帯カメラしかない」と言う人にもいいですね。携帯では枚数もそんなに撮れませんから。料金や内容はお店ごとに様々なので、予算を考えつつ利用を検討してみてはいかがでしょう。

基本的には、持参のカメラで一般(カメラ専属というわけではない)スタッフさんに撮ってもらったり、友達同士で撮りあったりするのでも十分だったりします。実際私はその方が多いです。最近はどちらのお店も、スタッフさんにある程度写真の勉強もさせているようですし。 中にはすごくきれいに撮ってくれる方もいたりします。

ただ、あくまでも「カメラ専属ではない」方に頼むのですから、決して高望みはしないようにしましょう(^_^;)

普通のスタッフさんに頼む場合はどうしても個人差があるし、お店によっても写真に対する力のいれ具合に差がある気がします。(過去の経験に基づく私見)

値段の違いってどこからくるの?

散策時間の違いや、写真の枚数の違い、オプションの有無で料金が変わるのは当然ですが、同一プランなのに料金に何段階かある場合があります。これはたいてい衣装による違いです。(なかにはすべて均一のお店もありますが。)簡単に言うと高い物ほどいい着物です。ま、それだけ製作にも維持にもお金がかかっているってことですね。

半カツラと全カツラってなに?

全カツラとはいわゆる普通のカツラです。フルですっぽり被るタイプの物です。対して半カツラ(七分カツラ)は生え際部分だけ地毛を使い、より自然な日本髪に見せることの出来るカツラです。

本来舞妓さんは皆さんカツラではなく自分の髪を結っています。(ちなみに芸妓さんはカツラです。)というわけで、半カツラの方がより「らしく」見えるわけですね。私個人としては生え際部分の白粉のぼかし具合が好きなので、半カツラはポイント高し。全カツラだとどうしてもこれは再現できませんからねf(^ー^; でも半カツラならオールOKというわけではありません。変な半カツラと顔に合った全カツラなら、断然後者がキレイです。

全カツラのいいところは、髪が汚れないので変身後が楽なこと、変身する人の髪の長さや色を問わないこと。そして、お顔のリフトアップ(!)ができることでしょうか。(半カツラは自分の髪を使うので、ショートヘアーの人は髪の長さによっては使えない場合もあります。)

「本格志向」の変身っていったい何?そうじゃないのとの違いは?

定義の仕方には色々あると思いますが、とりあえず当サイトにおける定義。

本物の舞妓さんのスタイルを極力忠実に再現してくれる変身
=「本格志向の舞妓変身」
厳密に言うと本物の舞妓さんとは違うけど、舞妓さんっぽいスタイルにしてくれる変身
=「変身用・撮影用の舞妓変身」

大きく分けるとこんなカンジにお店が分かれるように思います。前者系のお店は、衣装やかんざしを本物の舞妓さんと同じ物を使ったり、髪も半カツラや地毛結いに対応するなど、より本物の舞妓さんに近い変身。後者は、衣装や小物が本物と同じと言うわけではないですが、日本髪にかんざしをさして、振袖にだらりの帯におこぼを履いてと、「舞妓さんに見える基本のスタイルは押さえた姿」にしあげる変身。

どちらがいいではなく、やはりこれも「ニーズ」に合うか合わないかです。はっきり言って単純にキレイになるかならないかとは別問題ですし、気に入るか気に入らないかもまた別問題。例えば、前者の場合は「本物の舞妓さんらしく」を重視しますから、「茶髪不可」とか「ネイルアートやピアスは不可」とか、(お店によってですが)体験に当たっての条件が付加されることもあります。メイクも現代的なメイクとは異なるクラシカルなメイクにすることが多く、気に入らない人には気に入らないかもしれません。逆に後者は「あくまでも観光のお遊び」というか、茶髪のカツラあり、ネイルアートもピアスもお構いなし、メイクも現代的な美的感覚に沿ったものだったりと、全く趣を異にしています。

いずれにしても、それぞれにそれぞれの良さがあるので、その「売り」を理解した上で選ぶといいと思います(^_^)

年齢制限はありますか?

とりあえず上限はないみたいですね。いくつになっても舞妓になれます。子供さんだと、あまり小さい子は衣装やカツラがないのでダメな場合もあります。「子供用プラン」のあるお店だと、多少年齢が低くても対応が可能の場合もあります。厳密な年齢よりは、体の大きさが判断基準になるようですね。詳しくはお店に問い合わせてみてください。

男性でもできますか?

できるお店とできないお店があります。広告にはっきり出ているお店はとりあえずOKですが、そうでないところは受け入れていないケースがほとんどです。

舞妓変身は、当然ながら女性客が中心です。一番はやはり更衣室の問題が大きいでしょう。化粧・着替えは下着同然の姿になっていますし、そこに見知らぬ男性がいるのは抵抗があって当然です。他にもお店側の様々な事情で、不可にしているケースもあります。

他のお客さんのいないときならOK、単独での来店はNGでも女性客と同伴(カップルで来て「彼氏も舞妓に」なんてケースとか)ならOK、男性は外出不可など、条件を設けた上で「可」としている場合もあれば、「完全お断り」の所ももちろんあります。完全お断りのお店での変身は、残念ですが素直にあきらめてください。条件付きのお店の場合は、必ずその条件に従って利用してください。条件付きのお店の場合は、そこで信用を得られればリピートしやすくなりますし、単独での来店可など、条件の緩和につながることもありますから。(間違っても、いきなりお店に行って受け入れを迫ったり、お店を騙すような予約の入れ方をしたりといった、無理をしないようにしてくださいね(^_^;) 他の、ルールを守って楽しんでいる方への印象も悪くなりかねませんし、お店が条件を厳しくしてしまう可能性もありますから‥)

男性でも、きちんとしたお店で舞妓変身を満喫されている方はたくさんいらっしゃいます。女性同様、自分の安心して体験できるお気に入りのお店を見つけながら、どんどん変身を楽しんではいかがでしょう(^^)

値段が高いです。安いところもあるけどこれはどうなの?

値段の問題は常についてまわりますが‥‥。はっきり言って値段と質はそれなりに比例しているというのが実感です。(悪い意味で比例していないお店は私の中で許すまじき存在なので論外。)だから極端に安いところは、それなりの変身だと思っておいた方がいいです。それを承知で利用する分にはかまわないと思います。

最近は各お店とも、通常のプランの簡易版(写真が少ないとか外出無しとか)を低価格で提供するリーズナブルプランを設けてたりします。どうにも予算がないときはそういうのを上手く利用するといいかもしれません。修学旅行生は修学旅行生向けのお手ごろ価格プラン利用も手です。

正直舞妓変身ってすっごく安いと思うんです。成人式や卒業式で着物を借りたり、美容院で着付けてもらったことのある人ならわかるでしょうが、あれに比べたら「これだけついてこの値段なの!?」って金額ですもんね。実は(^_^;)

舞妓姿で観光したい。そんなのはできる?

よくある「散策」っていうのは、屋外撮影のための外出という性格の物で、純粋な「観光」とはちょっと違います。舞妓姿で観光地を巡るプランもありますが、それはあくまでもそこを見て回りながら写真を撮るだけのものです。普通の着物レンタルのようにあちこちお店に入って買い物したり、自由にお茶したりご飯食べたりとかは絶対にあり得ません。(スタッフさん同伴で、決まった場所でのお茶がついてくるものはあります)

京都には本職の舞妓さんがいます。舞妓姿に変身した一般人が、舞妓さんらしくない言動をとって舞妓のイメージを崩すという問題はずっと言われ続けていることなので(観光舞妓問題)、これらの行動は「マナーの悪い変身舞妓」のレッテルを貼られてしまうことになりかねません。同じ「着物姿で観光」と言っても、舞妓変身と着物レンタルは全く別のものと思ってください。

変身後、自分たちだけで外出ってできないんですか?

結論から言えば、できるお店とできないお店があります。

まあできないお店の方が多いです。必ずスタッフさんが同伴します。これは、着慣れない衣装とカツラを着けたお客さんをサポートしたり、写真撮影をしたりするためと同時に、観光舞妓問題への配慮からも。(お目付役&周りに変身さんとわかりやすくするため)

「お店の人が付いてたら、いかにも変身舞妓みたいでイヤ!」という方もおられるようですが、
いかにも変身舞妓とまわりにわからなかったら困るんですよ。
だって変身舞妓ですもん(^_^;)

正直、本物の舞妓さんと同じような姿にしてくれるお店ほど、お客さんだけで出してくれることはまずないので、変身舞妓であることを気付かれることなく外出するのはほぼ不可能と思われます。ただ、自由に出歩かせているお店もないわけではないので、どうしてもというのであればそういうお店を探してみてもいいとは思います。

でも絶対本物の舞妓さんには見えませんよ‥

上にも書いたとおり慣れない着物にカツラ、そしておこぼ‥。本物偽物関係なく、エキゾチックな装いに興味津々な外国人観光客に囲まれてしまうことだってあるでしょう。そんな状況下で、写真も自分たちで撮らなければいけないことを考えると、やっぱりスタッフさんが一緒の方が安心だとは思います。自分たちだけの場合はあまり遠くに行かず、なるべくお店から離れないことをオススメします。

おしろいで化粧かぶれが心配。大丈夫?

和化粧の場合、ベースには鬢付け油を使います。これは実はとっても肌にいいそうです。そして昔ならいざ知らず、今は白粉に有毒物質も入っていませんから通常は問題ありません。ただ、特別肌にトラブルが多くて皮膚科に通っているというような方は、一応お医者さんに相談しておく方が無難でしょうね。お店によっては事前のパッチテストができるところもあります。

化粧品そのものもですが、クレンジングを何度も繰り返すことによる負担も結構大きいと思います。変身前にクレンジング→変身後にクレンジング→お家に帰ってクレンジングと最低でも一日に3回クレンジングを繰り返すことになりますので。夜のお手入れはぜひ化粧水をたっぷりつけて、しっかり保湿してあげてください(^^)

体験後メイクを落とした後は、ちゃんと元の状態に戻せるの?

メイクを落とす道具は基本的にお店に用意してあります。変身が終了すればメイクはクレンジングでキレイに落とします。メイクを落とす時、背中や襟足だけはお店の人が落としてくれますがあとは自分でやります。ちなみに忘れがちなのは耳たぶや耳の後ろ、顎の裏や鼻の穴のきわ。気をつけましょう。

髪もカツラをつけるとつぶれるので、ヘアスタイルが変わってしまいます。半カツラの場合は髪にも鬢付けをつけるので髪も生え際だけ洗わなくてはいけません。なのでどこまで元通りにできるかは結構ビミョウかも(^_^;)時間をかければいいんでしょうが、あんまり時間がかけられなくて元通りにならなかったときのために、ごまかせるようなヘアアクセとかを用意するといいかもしれません(えぇっっ)

ドライヤーの有無や洗顔後につける基礎化粧品は、お店によって状況が違うので要確認です。

せっかくの変身。写真にきちんと写りたいけど、どんなポーズをすればいいかわからない!

たいていのお店は、スタッフさんが舞妓さんらしいポーズをちゃんと教えてくれますので、そんなに心配しなくても大丈夫。あとはいかにリラックスして言い表情作れるかかな?

でも、せっかくなので事前に少し研究しておくといいかもしれません。写真集でも絵はがきでも絵でも、何か見ておいてイメージをふくらませておくと、スタッフさんに指示されたポーズもすぐイメージできますし、「あ、こんなポーズの写真欲しい」ってのもでてきますしね。定番ポーズとは違った写真が欲しいときにおすすめです。

このへんについては、変身知恵袋「事前学習のススメ」 「ナルシストになろう」にもちょっと記事があります。

本文ここまでです

本文トップへ戻る

ここからローカルメニューです

ローカルメニューを読み飛ばす

ローカルメニューここまで

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る