ページ先頭です

本文へジャンプする

ここより本文です

FAQ

変身体験ってどんなところがあってなにができるの?

舞妓変身をはじめとする和装系のものから、ドレスを着ての記念撮影や民族衣装体験というように、普通はなかなか着られないような服を着られる変身。またはメイクと写真技術で女優のような写真を撮ってくれるフォトスタジオでの変身。このサイトでは主に前者の「普段着られないような衣装に着替える」変身をメインに扱っています。この「衣装を着替える」系でも、単に服を着るだけの所から、ヘアメイク付きまで様々です。

「変身」をしようというきっかけは、「旅の想い出」だったり「あこがれ」や「なんとなく」とかいろいろですが、一度やるとなかなかヤミツキになります。気分転換やストレス解消なんかにもいいかもしれません。一度は体験する価値有りですよ。

何をもっていけばいいの?あると便利なものってある?

とりあえずカメラ。これは必須ですよね~。自分の晴れ姿をバッチリおさめておかないと。最近はお手軽に携帯カメラだけで撮る方も多いようですが、もし舞妓変身で30分以上の散策となると、データ容量がすぐに足りなくなります。できればカメラもあったほうが安心ですね。

メイクをしないタイプの変身では、メイク道具も持っていくといいかもしれません。ちょっと濃いめになおせば写真映えもしますし、「変身度」も増しますので(^^)メイク付きのところは、逆にメイクを落としたあとのために、やはりメイク道具が必要。(すっぴんでもいい人は問題ないですが)あとは、変身後のヘアスタイルの復元(←これは主に自分でやります)に失敗したり、面倒くさかったり(笑)したときのための小物もあれば便利かも。(←具体的にはピン・ヘアゴム・バレッタ・カチューシャなどのヘアアクセや帽子など)あと、コンタクトしている人は外したときのためのケース。

必要なものは事前に説明されるとは思いますが、メイクを落としたあと通常の服に戻るための備品(化粧水などの基礎化粧品やドライヤー)はお店によって状況が違うので最初に聞いておいた方が安心です。それによって持参するものも変わってきますから。あと、ぜひこれを持って(使って)写真撮りたい!!なんてのがある人はそんな小道具もぜひ!←あんまり大きなものはお店の人に確認してくださいね(^_^;)

コンタクトですがなにか気をつけることは?

メイク付きの所では必ず「コンタクトしてますか?」と聞かれます。ソフトはともかくハードは結構キケン。メイク時には外しておいた方がいいみたいです。ソフト・ハードに限らず、もし「メイクの時は外してください」って言われたときのために、コンタクトのケースをお忘れなく。

所要時間って結構かかるもの?

メイク・着付けをフルでやるところは基本的に長いです。洋装だと着付けにはさほど時間はかかりませんが、和装はメイクから着付けだけでも1時間弱はみたほうがいいです。そのあと撮影や外出、そして終わってから着替えて元に戻る時間も考えると、なんだかんだいい時間に。旅行の日程に組み込む場合はそれも頭に入れておきましょう。お店によって所要時間にばらつきもありますので、「時間的には結構ギリギリ?!でもやりたい~」なんて思ってる人はお店の人に予約時にちゃんと聞いておくのが○。後に予定がある人は、それも伝えておきましょう。

あと、意外に忘れがちなのが「衣装を選ぶ時間」です。着物でもドレスでも、とにかく迷います。迷う時間も最初から含めておくのも実はポイントかも?(^^ゞ

ちなみにメイク無しで着付けも楽なもの、撮影も限られた場所のみ、などとなれば所要時間ももちろん短いです。

衣装のサイズってたくさんあるの?合わないときは着られない?

種類はたくさんあっても、サイズをたくさんそろえているかというとなかなかそうでもないです。着物は洋装ほどサイズを気にしなくていいので、さほど問題はありませんが。

洋装の場合はフリーサイズか、M・Lの2種類から選ぶパターンが多いです。仮にサイズが合わなくても写真に撮る分には問題ないようにしてくれます。後ろがしまらなければとりあえず開けっ放しで背中を撮らないとか、逆にがばがば時にはクリップで留めて補正するとか。舞妓変身などで「外出しまーす」なんていうと、それなりの着付けになりますが、普通の変身体験は、だいたいが撮影することメインなので、写真にひびかなければとりあえずOKというスタンスが多いです。

髪型やメイクもやってもらえるの?

すべての変身のお店がヘア・メイク付きというわけではないです。ちょっと衣装を着るだけ、なんてところもありますし。そういうところの場合は自分でメイク道具を持っていくといいでしょう。ウィッグを持参する方もあるようですよ。

衣装を着るだけのところも、逆に小物やメイクを自分でカスタマイズできると思えば楽しみも倍増するかもしれません。まあ限度はあるでしょうから(笑)あんまり色々するようなら、念のためお店の人に確認しておきましょう。

写真撮影やビデオ撮影は自由?

ほとんどの場合、自分のカメラでの撮影は自由です。ただ写真館系のところだと、「お店の人に撮影してもらうこと」がメインなので、自分のカメラでの撮影を制限されることもあります。持ち込み料を取られるとか、全くの禁止とか。

また自分のカメラでの撮影が自由でも、撮影可能な場所が制限されていることもあります。施設内の「ここでしか撮っちゃいけません」なんてこともあるので気をつけましょう。

予約って必要なの?キャンセルしたいときはどうすればいいの?

要予約の所が多いです。特にきちんとヘアメイク付きで外出など撮影プランのあるところは、お店のキャパに合わせてお客さんを入れるので基本的に予約制。ただ、当日受付も可の所もあります。

同時刻に何組も入れないお店や、規模の小さいお店は必ず事前予約です。逆にスタッフがたくさんいて、一度に何組もお客さんをさばけるお店は、当日申し込みでも割と平気だったりします。でも、希望の日にちや時間がわかっているなら早めに予約しておく方がいいです。そのほうが確実ですし。

そして予約のキャンセル。当日のドタキャンでもなんでも、必ずお店にその旨連絡を入れましょう。ま、当たり前の事なんですけど‥。黙って行かないとかは絶対ダメですよ。お店の人は「何時に何人のお客さんが入る」と、それに対してちゃんと準備をして待ってくれているわけですから。最低限のマナーはぜひ守りたいですよね(^^)

本文ここまでです

本文トップへ戻る

ここからローカルメニューです

ローカルメニューを読み飛ばす

ローカルメニューここまで

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る