ページ先頭です

本文へジャンプする

変身のための服飾文化講座

ここより本文です

舞妓さんの髪型

2.季節の花かんざし

舞妓さんの装いには豊かな四季の変化が映し出されています。中でもわかりやすいのが、季節の植物などをモチーフにした花かんざし。舞妓さんの黒髪を彩る美しいかんざしは月ごとに変わり、微妙な季節の移ろいを感じさせてくれます。

8月はススキのかんざしです。

すすきのかんざしを挿した舞妓

つみきさん@ペンション祇園
銀色の花がパッと開いたようなデザインです

すすきのかんざしを挿した舞妓2

「すすき」と言っても、普通にイメージするものとは少し趣の異なるデザインですね。まるで銀色の花のようなデザインになっています。

この銀色と大輪の花のようなデザインとで、華やか且つ涼しげなかんざしになっています。

つみきさん
「ペンション祇園」にて

すすきのかんざしを挿した舞妓の後ろ姿

後ろから見ると裏はピンクです。実はこのかんざし、この裏の色が舞妓さんのキャリアによって異なるんですね。ピンクは若手の舞妓さんで、お姉さんになるとこの色がブルーなどに変わります。

つみきさん
「ペンション祇園」にて

すすきと撫子のかんざしを挿した舞妓

枝垂れたすすきに撫子があしらわれています。ちょっとレトロな雰囲気のかんざしです。土台にビラかんざしと同じビラが付いているので、まるで左右両方にビラかんざしを挿したようになっています。

ぷにすけ
「ペンション祇園」にて

朝顔のかんざしを挿した舞妓

こちらは朝顔。日本の夏の代表的な花ですね。これも8月に挿されるかんざしです。写真はピンクと青の花が混ざったデザインになっています。

つみきさん
「ペンション祇園」にて

朝顔のかんざしを挿した舞妓2

同じく朝顔です。こちらは一輪のみ。

ぷにすけ
「ペンション祇園」にて

もちろんこれらのデザイン以外のかんざしもあります。お店ごとに品揃えも様々ですので、そうしたところもお店選びの楽しみの一つですね。

「2.季節の花かんざし」に戻る

本文ここまでです

本文トップへ戻る

ここからローカルメニューです

ローカルメニューを読み飛ばす

ローカルメニューここまで

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る