ページ先頭です

本文へジャンプする

変身のための服飾文化講座

ここより本文です

舞妓さんの髪型

2.季節の花かんざし

舞妓さんの装いには豊かな四季の変化が映し出されています。中でもわかりやすいのが、季節の植物などをモチーフにした花かんざし。舞妓さんの黒髪を彩る美しいかんざしは月ごとに変わり、微妙な季節の移ろいを感じさせてくれます。

一月はお正月のかんざしです。

正装の舞妓

もえぎさん@ペンション祇園
年明け始業式は黒紋付を身につけます。櫛はつまみ細工ではなくべっ甲です。

寒菊の土台に松竹梅があしらわれたかんざしです。1月のかんざしは、松竹梅をメインに鶴や羽子板などお正月らしい様々なモチーフで作られています。その年ごとにデザインも異るので、とりわけ変身店ごとのデザインの違いを楽しめるかんざしではないでしょうか。

若い舞妓さんほど赤の多いデザインになるそうですが、上のお姉さんな装いと比べてもかわいらしさが強調されていますよね。

ぷにすけ
「ペンション祇園」にて

こちらは松の土台に紅白の梅。緑に赤のコントラストが鮮やかです。右側に挿している稲穂のかんざしは15日まで挿します。稲穂の根本には小さな鳩の飾りが付いていて、好きな人にこの鳩の目を入れてもらうのだとか。

てるてるさん
「ペンション祇園」にて

こちらは竹の土台に梅。梅はピンクと縁取りされた紅梅。緑の土台に梅でも、上のかんざしとは少し印象が変わりますね。

ぷにすけ
「つじ井プランニング」にて

ガラッと印象が変わって、ピンクと紫の土台に羽子板がアクセントになった、とてもかわいらしいかんざしです。この写真だと見えないのですが、細かい松葉が散らされています。ピンクの房もまた、かわいらしさを演出していますね。

朱里さん
「ペンション祇園」にて

※梅華さんのブログのこちらのページに、これと色違いのかんざしが紹介されています。デザインは全く同じで、赤の少ないお姉さん仕様といった感じです。併せてぜひご覧ください。(他にも、紅先笄さんでのステキな舞妓姿が多数掲載されています。)

梅華さんのブログ
梅にうぐいす。

もちろんこれらのデザイン以外のかんざしもあります。お店ごとに品揃えも様々ですので、そうしたところもお店選びの楽しみの一つですね。

「2.季節の花かんざし」に戻る

本文ここまでです

本文トップへ戻る

ここからローカルメニューです

ローカルメニューを読み飛ばす

ローカルメニューここまで

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る