ページ先頭です

本文へジャンプする

変身のための服飾文化講座

ここより本文です

舞妓さんの衣装

3.着物とそれをさらに華やかにする小物

着物を着るとわかるのですが、着物には様々な小物が付き物。これがまた一段と着物の華やかさをもり立ててくれます。

年少舞妓の刺繍襟まずは半襟。若い舞妓さんほど赤い部分が多く、お姉さんになると白っぽくなっていきます。気をつけてみると、単に赤い布・白い布ではなく、見事な手刺繍が施され実にすばらしいです。お姉さん用の白い襟は、遠目に見ると真っ白にしか見えませんが、近くで見るとびっしりと刺繍がほどこされ、それによって模様が浮き出しているのがわかります。どれも細かい細工でびっくりします。

舞妓の刺繍襟各種

このように本物の舞妓さん同様の凝った襟をそろえているお店は、かなり限られてきます。ちょこっとしか見えないものかもしれないけど、やっぱり違うんですよね~。華やかさや全体の風格を一気にあげてくれます。つけるときも、ずしっと感じるくらいに刺繍で布の重さが増しているような気がしますし。やっぱり一度は体験しておきたいものです。

舞妓の帯揚げ写真の帯揚げは、手刺繍の施されたものです。よーくみるとおわかりいただけるかと思いますが、この唐草模様は玉結びのような糸の点の集まりで作られています。ふわっと粉のように散らした白い点も全部そうです。普通、帯揚げの模様は箔押しなので、これは特別なときのものですね。刺繍だと、柄に重みや風格が出るような気がします。ちなみに帯揚げをこのようにつけるのは若い舞妓さん。お姉さんになると結んで中に(「化粧について」参照)しまいます(結ばない場合もあるようですが)。変身舞妓さんの場合は、こちらの若い舞妓さん仕様でつけるお店の方が多いかと思います。

舞妓のぽっちりそして「ぽっちり」ですね。これまたいろいろな細工が施されていて、意識して見てみるとなかなかおもしろいです。これも、本物の舞妓さんたちがつけているものは非常に高価なので、さすがに変身のお店では「本物」をおいているところは少ないです(^_^;)

着物やこうした小物全体にいえることですが、これらを作れる職人さんがいなくなってきて、昔のような工芸品として優れたものは少なくなってきているのが現状だそうです。もしこういうものにふれる機会があったら、そういう工芸品としてもすばらしさもぜひ堪能して見てください。

舞妓のおこぼ最後に舞妓さんのトレードマークの一つ「おこぼ」。高価な上に消耗品。変身のお店もなかなかいい状態をキープしておくのは大変だと思います。変身用の廉価品?の畳表のついていないものや、高さのやや低いものを使っているお店が多いです。この鼻緒の色もこれまた年齢で変わります。若い舞妓さんは赤。お姉さんになるにつれて変わっていきます。 ちなみに「おこぼ」というか「ぽっくり」は形がかわいいので私は個人的に好きです。舞妓さん仕様じゃない普通のぽっくりとかは割と安く手にはいるので普段着着物用に持ってます。ウールの着物にちょっと突っかけるのもかわいいですよ。

舞妓さんの着物も、細かいところまで見ていくと本当に奥が深いです。舞妓さんを通して様々な日本の文化が見えてくるような気がします。着物の好きな人、興味のある人はもちろん、そうでもなかった人も、舞妓体験をきっかけにちょっとそんなことを気にとめてみてはいかがですか?

写真資料
「ペンション祇園」にて

続いて「その他いろいろ」

本文ここまでです

本文トップへ戻る

ここからローカルメニューです

ローカルメニューを読み飛ばす

ローカルメニューここまで

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る