ページ先頭です

本文へジャンプする

変身のための服飾文化講座

ここより本文です

舞妓さんの衣装

1.舞妓さんの着物

裾をからげた舞妓舞妓さんの着物は、私たちが着る振り袖とはいろいろと異なるところがあります。特徴的なのはまず裾の長さですね。(冬物はこの裾に綿が入ります。)長く裾を引き、歩くときにちょっと褄をとるのがまたステキ(このときは必ず左手で)。遠出をするときなどは裾を上げてしばってしまうようですね。変身舞妓さんは、やはり皆さん不慣れなことが多いですから, これと同様にしばってしまうお店が多いです。散策はしばったままにして、褄取り写真撮るときだけ外すとか。こちらの写真は、裾をあげてしばっている例です。

あとは肩上げと袖上げ。肩上げは肩のところを端折って縫ってあるもので、袖上げは同じく袖をたくし上げて縫ったようになっています。普通の振り袖にはこの部分はありません。でも、七五三用の着物などにはあります。子供の着物に見られる特徴なのです。昔はこうやって子供の成長に合わせて袖丈を調節していたわけですね。舞妓さんが子供であったことの名残です。以前はこれらのない普通の振り袖を着せるお店もありましたが、さすがに最近はなくなってきたな~って思います。

肩上げと袖上げ

それから着物の柄。これまた舞妓さんのキャリアによって違いがあります。若い舞妓さんほど柄も華やかで、肩の方まで模様が入っています。でも、お姉さんになるほど柄は少なくなり、シンプルなものになっていきます。芸妓さんの衣装に近くなるわけです。

舞妓さんに限ったことではありませんが、着物は季節によって素材や仕立てが変わります。形の変化が乏しい分、素材や柄で季節感を出し、着こなしの幅を広げておしゃれを楽しむのですね。もちろん着物に合わせて帯も変えます。お店によっては、そういう着物の楽しみも含めて変身を楽しむことができますので、着物に興味のある人はそういうお店を選ぶと楽しみが増えていいんじゃないんでしょうか。(コラム「季節を楽しもう」参照)

写真資料
「紅先笄」「花風」にて

2.通常仕様と正装

本文ここまでです

本文トップへ戻る

ここからローカルメニューです

ローカルメニューを読み飛ばす

ローカルメニューここまで

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る