ページ先頭です

本文へジャンプする

ここより本文です

変身処案内

本物の舞妓さんと変身舞妓さんの違いは?

おふぃす勝ふみでの舞妓姿
髪はカツラです。(ただしこちらのお店では別料金で地毛結い
のように見える「半カツラ」や地毛結いでの体験も可能。)
着物は本物の舞妓さんが実際に着ていたものです。

「舞妓さん」の格好と言えば、写真のように

  • 白塗りのお化粧
  • 華やかなかんざしを挿した日本髪
  • 裾を長く引いた振袖
  • だらりの帯
  • 足下は「おこぼ」という高い下駄

が基本スタイルです。こうした「舞妓さん」の格好ができる舞妓変身体験ですが、やっぱり本物の舞妓さんと「なにもかも同じ」と言うわけにはなかなか行きません。

一番わかりやすいのは髪ですね。本物の舞妓さんは自分の髪を結っていますが、変身舞妓さんは基本的にカツラです。

日本髪を結うのはやはり特別な技術が必要です。また使う道具も、実はなかなか貴重なものだったりします。1回の髪結い料金だって、平均的な変身体験料1回分くらいになってしまいますし(^_^;)やっぱり、どこでも簡単にってわけにはいきません。

かんざしは、花かんざしが一番目立ちますが、そのほかにもこまごまとした飾りがあります。これらも色々決まりがあったり、使うものが決まっていたり。割れしのぶの鹿の子や前髪をくくっている赤い布なんかも、実はちゃんと使うものが決まっています。

衣装にしても、見ての通り普通の着物姿とはかなり違う特殊なものです。実際、特殊な作り且つ高価なものばかり!その他様々な装飾品は、そもそも舞妓さんが所属する置屋さんに代々伝わる貴重品だったりします。

つじ井プランニングでの舞妓姿
着物は、単にお端折りとらないで引きずって
るんじゃないんですよね。だらりの帯も、
普通の帯ではこんなに長くできませんし。

とにかく、京都の様々な伝統工芸技術の粋を集めたものが舞妓さんのお支度です。本物の舞妓さんのお支度を一式そろえるとなると、大変な費用がかかってしまいます(というか、費用以前に手に入らないものも‥)。そろえるだけでなく、その後の維持にだって費用と手間がかかりますしね。こうなると、とてもお店が安価な料金プランで提供するのは難しくなってしまいます。私たちの手の届くものではなくなってしまいますよね(^_^;)

また、お化粧にも細かな決まりがあります。デビューしたての舞妓さんは顔を派手に描かないとか、口紅を下唇にしか引かないとか。かんざしや着物も、実は舞妓さんのキャリアに応じて身につけていいものが決まっています。でも普通は着たいものを着たい、好きなデザインのかんざしを挿したい、お化粧はきっちり描いてほしい、って思ったりしますよね。こうした要望に応じる意味でも、変身舞妓さんは色々なところが本物の舞妓さんの決まりごと通りではなかったりします。

ペンション祇園の舞妓姿
これはあえて、デビューしたての舞妓さんのお化粧を
してもらいました。口紅は下唇だけです。

というわけで、一般的な変身体験店が提供してくれるお支度は、本物の舞妓さんと「まったく同じ」ではありません。最初にあげたような「舞妓さんに見える基本スタイル」を押さえつつ、後はどの程度本物の舞妓さんに近づけるかがお店ごとに違うという感じですね。

違うところを簡単にまとめると

  • 髪はカツラ
  • 衣装や化粧などの決まりが本物の舞妓さんほど厳密ではない
  • 使っているものが言わば「変身舞妓さん用の廉価版(?)」なことが多い

これらは上記の通りで、正直やむを得ないことかと思います(^_^;)

それでも、希望すれば本物の舞妓さんの決まりに沿ったお化粧や、衣装の組み合わせで仕上げてくれるお店もあります。花街と関わりの深いお店だと、本物の舞妓さんの衣装で体験できることもありますし、他の装飾品についても同様にそろえていることもあります。地毛結いを体験できたり、本物の舞妓さんに限りなく近い体験が可能なお店も無いわけではありません。本物の舞妓さんに興味がある方は、こうしたお店から選んでみるといいかもしれませんね。

変身体験店でのお支度は、私たちの手の届く範囲で「舞妓さん気分」を実現してくれるものです。本物っぽさをどこまで求めるか、どういった楽しみ方をしたいか、は皆さんそれぞれかと思います。自分の希望内容や予算を考えながら、希望に叶うお店を選んで体験を楽しんでください。

本文ここまでです

本文トップへ戻る

ここからローカルメニューです

ローカルメニューを読み飛ばす

ローカルメニューここまで

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る