ページ先頭です

本文へジャンプする

ここより本文です

変身処案内

よりよい体験のための心得

舞妓変身を満喫するために、ぜひとも押さえておきたいポイントです。

行く前に

寝不足は厳禁!

慣れない着物にカツラ、足下はおこぼ。舞妓変身は意外に体力勝負です。ましてや散策に出ようなんてなったら、これはかなり体力消耗します。前日はちゃんと休んでおきましょう。そのほうがお化粧ののりもよくなりますしね。

ありがちなのは、夜行バスで早朝京都入りしそのまま朝一で変身というパターン。バスではなかなか寝付けなかったりするかもしれませんが、なるべく休むようにしましょう。朝京都に着いたら、銭湯に行って体を休めるのも手です。(京都タワーの銭湯は朝7:00から利用可です)

食事はしっかり!

上にも書いたとおり、舞妓変身は体力勝負。そしてプランにもよりますが長丁場です。平均3時間くらい。もし散策を2~3時間なんて取っていたりすると、もう半日かがりです。そして、その間飲食は不可なので、途中でおなかがすいて気分が悪くなったりしないよう、体験前の食事(朝食なり昼食なり)はしっかり取っておきましょう。

舞妓変身の際、飲食は厳禁です。お化粧がはげてしまいますし、着物を汚してしまうこともあるかもしれません。そして、本物の舞妓さんに間違われても大丈夫なためにも。(本物の舞妓さんは、あの格好のまま人前で食事をすることは通常ありません。)

※ 寝不足と食事にまつわる管理人の失敗体験→こちら

予約時間厳守!

当然ですが、予約時間は守りましょう。遅刻すると、自分にとってのメリットは何もありません。お店の方は、予約時間に合わせてプランニングしてくれているのですから、遅れていくと色々なことがずれ込んでしまいます。次のお客さんとかぶってなんとなく慌ただしくなってしまうかもしれませんし、衣装を選ぶのにも結構迷ったりするのですが、そう言う時間も余裕持って楽しめなくなってしまうかもしれません。ちょっと早めに行くくらいの方が安心です。

それでも、何らかの事情で時間が遅れてしまうことはあり得ますよね。そのときは、わかった時点ですぐお店に連絡を入れましょう。

カメラを忘れない!

せっかくの舞妓姿。写真もちゃんと残したいですよね。たいていのお店は自分のカメラでも撮影自由なので、忘れずにカメラも持って行きましょう。

最近は携帯電話のカメラも高性能なので、これだけでと言う方も結構いらっしゃるようですが、そう言う方は容量に注意。散策に出るとあっという間に枚数がいっぱいになっちゃいますからね(^_^;)手持ちのカメラがない人は、撮影もついているプランを選ぶといいと思います。

気になることは事前に解決

プラン内容など、もし気になることや質問があったら事前にお店に聞いておきましょう。内容によっては当日では対処できないものもあるかもしれませんし、不安なことは解消して臨みたいですもんね。

予習する

これは余裕があればですけれど。事前に本物の舞妓さんの写真集などを見て、イメージをふくらませておくのもオススメです。写真を撮るとき、たいていはスタッフさんがポーズをつけてくれるのですが、何となく頭にイメージがあるとポーズをつけやすいですよね。着物やかんざしのコーディネイトもイメージがふくらみますし。本屋さんはもちろんですが、図書館にも結構おいてあったりするのでぜひ!

こちらのページで、舞妓さんの写真集を紹介しています。ANIMATO資料室

お店では

スタッフさんに聞こう

衣装やかんざしを決めるのはやっぱり迷います。自分で「これ」と決められればいいのですが、なかなか決まらないことも。そんなときにはスタッフさんに相談するのも手です。衣装のことばかりでなく、わからないことや聞きたいことがあればお店の人に聞いてしまいましょう。色々アドバイスをくれますし、話していることで自分もリラックスできたりしますしね。

舞妓さんの衣装やお化粧についての決まりなんかも、色々教えてくれたりします。特に元舞妓さんや、花街に関わりの深い方のお店だと、普段は聞けない色々なお話が聞けて楽しいですよ。

照れない恥ずかしがらない

写真を撮るとき、表情作ったりポーズ作ったりってのはなんとなく恥ずかしかったり照れがある人もいらっしゃるでしょう。でも、恥ずかしがってはいけません。そうすると、できあがった写真がなんとなく微妙になって、かえって恥ずかしいかもしれません。

せっかくキレイにしてもらっているのですから、ここは自信を持って堂々と写真に写りましょう。

マナーを守って!お店の注意事項は厳守

当然ですが、お店での決まりは守りましょう。店内でのことはもちろんですが、お客さんだけでの外出をOKにしているお店に関しては、外出時の約束事も色々決まっています。これはお店のためだけでなく、お客さんを守るためのものだったりもしますので必ず守りましょう。

終わった後は

おいしいもの食べよう

体験中はテンション上がってて気がつきませんが、意外に体力を消耗してます。着物脱いだ途端にどっと疲れがでておなかが空いたり、甘いものがほしくなったり。なので、体験後はお食事またはお茶を。友達同士での体験なら、お互いに写真を見ながら楽しい体験を思い出しつつ、もう一盛り上がりです(^o^)ノ

夜は肌を保湿

お肌も意外に疲れています。お化粧そのものもあるかもしれませんが、やっぱりクレンジングの負担ですよね。変身前と後、少なくともいつもより2回は余計に顔を洗っているわけですから。敏感肌の人は特に。夜はいつもよりちょっと丁寧にお手入れしてあげてください。

本文ここまでです

本文トップへ戻る

ここからローカルメニューです

ローカルメニューを読み飛ばす

ローカルメニューここまで

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る