ページ先頭です

本文へジャンプする

ここより本文です

変身処案内

舞妓さん、芸妓さんってなに?

華陽での舞妓&芸妓姿舞妓(まいこ)さん、芸妓(げいこ)さんは、宴席などでお客さんをもてなす接客のプロフェッショナルです。そして、舞妓さん芸妓さんたちがいる街を花街(かがい/はなまち)といいます。京都市内には有名な祇園をはじめ、全部で5つの花街があります。

変身体験でするような白塗りのお化粧や華やかな着物は、舞妓さんや芸妓さんたちの宴席での姿です。

「舞妓」と書いて「まいこ」、「芸妓」と書いて「げいこ」と読ませます。「芸妓」の辞書的な読み方は「げいぎ」なので、「げいこ」だとパソコンなどで文字変換できません。

舞妓さんと芸妓さんの関係ですが、舞妓さんがキャリアを積んで一人前になると芸妓さんになります。舞妓さんとは芸妓さんになるための修行段階のようなものです。必然的に芸妓さんよりも年齢が若く、格好も若い女の子らしいものです。

現在は10代後半から二十歳くらいまでですが、昔はもっと幼い子供がなっていたので、その装いも「子供らしさ」を表す記号であふれています。

華陽での舞妓姿たとえば

  • 肩上げと袖上げのある華やかな振袖
  • かわいらしい花かんざし
  • だらりの帯
  • おこぼ

この他芸妓さんと違うところで決定的なのが、地毛を結っていることですね。芸妓さんの日本髪はカツラなので。

変身体験のお店で、「半カツラ」という生え際を自然に見せるカツラが多く使われるのはそのためです。写真の舞妓姿も半カツラを使っています。

舞妓さんの衣装については、こちらのページにもう少し詳しく載せています。あわせてぜひ。
「変身のための服飾文化講座」へ

舞妓さんを何年か務めると、芸妓さんになります。舞妓さんはまだ「子供」ですが、芸妓さんはもう「大人」です。装いも子供らしさはなくなり、大人の装いになります。

ゆめみる夢での芸妓姿たとえば

  • 袖は普通の長さ
  • 着物の柄は舞妓さんほどにぎやかではない
  • 帯はお太鼓
  • 足下は草履や下駄

そして上にも書いたとおり、髪はカツラです(行事によっては地毛を結うこともありますが)。かんざしもシンプルなものを挿すようになります。

たいていのお店は、舞妓さんと同時に芸妓さんもメニューにあります。ですが、ほとんどの方が舞妓さんのほうを選ぶようで(やっぱりねえ‥)どうしても芸妓さんはおまけ的な扱いが多いです(^_^;) おいてある衣装も、舞妓さんに比べたらどうしても少なかったり‥。

舞妓さん、芸妓さんは、日々厳しい修行を積んでいます。なりたいと言っても簡単にはなれない厳しい世界です。でも、そうした厳しさがあってこそ、あの美しさが生まれるわけですよね(^^)。やっぱり、ただ衣装を着ただけでは「同じ」美しさは生まれません。

でも、せっかくですからそんな美しさに少しでも近づきたいですよね。体験の時にはイメージを壊さないよう心がけたいものです(^^)舞妓さん、芸妓さんたちの世界は見た目の姿ばかりでなく、様々なところに日本の伝統文化が息づいています。舞妓変身は格好をまねるだけですが、ちょっとそんな世界に触れるきっかけにもなりますよ。

check!
『京都 舞妓と芸妓の奥座敷 (文春新書)』

上記の説明はかなーりざっくりした説明です。あくまでも変身体験のお役立ち程度ってことで(^_^;)

こちらは、もっとちゃんと知りたいなあという人にオススメの本です。舞妓さん、芸妓さんのこと、花街のこと、衣装のことから様々なしきたり、文化について、わかりやすくまとまっています。意外に写真も多いので楽しめますよ。

本文ここまでです

本文トップへ戻る

ここからローカルメニューです

ローカルメニューを読み飛ばす

ローカルメニューここまで

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る