ページ先頭です

本文へジャンプする

ここより本文です

変身処案内

舞妓変身ってなに?

おふぃす勝ふみでの舞妓姿京都の旅行雑誌などを見ていると、必ず目に飛び込んでくるのが「舞妓変身」「舞妓体験」の広告。普通なら絶対に体験できない憧れの舞妓さんの格好を、一般の人でも体験できるというサービスです。昔は「知る人ぞ知る」サービスだったようですが、今やサービスの知名度も増し、お店もどんどん増えて、京都観光の定番イベントの一つになっています。その内容は

  • 白塗りのお化粧
  • 華やかなかんざしをつけた日本髪
  • 長く裾を引いた振袖にだらりの帯
  • 足下はおこぼ

という「舞妓さん」独特の姿に変身して、記念写真を撮る!というもの。写真スタジオでの本格的な撮影だったり、有名な観光地を巡りながらそこで写真を撮ったり、お店によってプランは様々です。

つじ井プランニングでの舞妓姿ちなみに観光地巡りはできても、お食事やお買い物を自由に楽しんで‥ってのはNGです。同じ着物姿でも、普通の着物レンタルと違うのがこの辺ですよね。やっぱり特殊な衣装ですから(^^ゞ あくまでも「格好をして写真を撮る」がメインです。

プロの技で、普段の自分とは全く違うキレイな姿に変身するのはとても気持ちがいいです。キレイにお化粧してもらって、キレイな着物やかんざしをつけて‥鏡に映る自分を見るとテンション上がります。女子なら自分がキレイになるのって、やっぱりうれしいですよね(*^_^*)

そんな自分を、スタジオでプロカメラマンにキレイに撮ってもらったり、京都の美しい風景をバックに撮ってもらったり。絵はがきやポスターに写る舞妓さんのように、自分の舞妓姿を写真に残せるなんて最高の思い出です。

お店によって料金、プラン内容は様々です。舞妓さんコスプレとしてお安く気軽に楽しめるお店もあれば、本物の舞妓さんが実際に身につけていた貴重な着物を着られるお店もあったりと、本当にいろいろ。

「舞妓さんの格好してみたいな~」と思い立った理由は皆さん様々でしょう。京都旅行の思い出に、ストレス解消に、舞妓さんに憧れて、着物が好きだから、などなど‥。京都にはそういった要望に応えてくれるたくさんのお店があります。自分の目的にかなったお店を選んで、ひとときの「舞妓さん」気分を存分に楽しんでください。

余談ですが、私はサイト内で「舞妓変身」と「舞妓体験」をところどころ使い分けています。※コラム参照

  • 「舞妓変身」は「舞妓さんに変身すること」
  • 「舞妓体験」は「舞妓さんを体験すること」

‥‥まあそのままですね。つまり「変身」は「変身すること=姿形が変わること」でOKなんですが、「体験」は姿形が変わることだけでなく、「舞妓さん」や「花街の文化」などを「体験=身をもって味わう、肌で感じる」ことまで含めています。‥となると「体験」はなんか重いんで、よりライトな意味の「舞妓変身」をサイト全体で多用しています。

とはいえ、あくまでもこのサイト内の定義ですし、私も厳密に使い分けしてるわけではないので、それほど気にしなくてもサイトをご覧いただく上では問題ありません。

本文ここまでです

本文トップへ戻る

ここからローカルメニューです

ローカルメニューを読み飛ばす

ローカルメニューここまで

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る