==店舗別写真一覧==


[TOP] [検索] [Admin]

第1回オフの写真です

こちらの女将さんは代々舞妓の家系に生まれ育ち、自身も舞妓さんで祇園に出ていた人です。着物や帯、襟やかんざしなどは舞妓さんが実際に使っていたものや同じお店で作ったもの。本物の舞妓さんと同じようにお支度できます。
by ぷにすけ@管理人 No.122
夏の装い

季節に合わせた装いが楽しめるのも魅力です。春・夏・秋・冬という区分以外に、黒紋付き、お化けの黒襟掛け等の特別な装いもあります。興味のある方は予約時に問い合わせてみてください(^^)
by ぷにすけ@管理人 No.123
夏の装い2

髪は半カツラが基本ですが、舞妓さんも実際に結っている美容院での本格的な結髪、またより簡略に地毛結いを楽しめる新日本髪での結髪も可能です。写真は新日本髪での結髪です。
by ぷにすけ@管理人 No.124
秋の装い

こちらも新日本髪。新日本髪はペンション祇園さん内で結えます。鬢付け油の量も少なく、ホットカラーでくせをつけて逆毛を立てるという方法なので、日持ちはしませんが髪を解いた後の始末が楽ですし、費用も安くすみます。手軽に日本髪を楽しみたい人にはオススメです。
by ぷにすけ@管理人 No.125
芸妓さんの夏の装い

もえぎさんの芸妓姿。芸妓さんの衣装も四季折々のものがそろっています。もちろん、紋付きなどの特別な衣装も。髪は全カツラが基本です。
by ぷにすけ@管理人 No.126
夏の装い2

衣装はもちろん、カツラは本物の芸妓さんと同じ仕様のカツラです。芸妓さんは全カツラが基本ですが、こちらでは半カツラで京風島田を体験することもできます。
by ぷにすけ@管理人 No.127
踊りのポーズ

姉さんと二人で踊りのポーズ。二人とも踊りの素人ですが、ポーズをつけてもらって一応それらしく。
by ぷにすけ@管理人 No.128
芸妓さん秋の装い

こんな風に小道具を持った踊りのポーズも。しっとりと秋の風情(^^)ちなみに衣装は季節ごと、またメンテナンスの状況で、常時同じ衣装が出ているわけではありません。もしお目当ての着物がある場合は、それが着られるかどうか予約時に確認することをオススメします。
by ぷにすけ@管理人 No.129
レトロな衣装で

ペンション祇園さんではアンティーク着物(昭和初期からそれ以前の衣装)のコレクションにも力を入れています。サイズ的な制約や料金設定が通常より高めというのはありますが、興味のある方には体験する価値ありです。
by ぷにすけ@管理人 No.130
室内にて

お店は以前、置屋として使われていた建物です。外観も室内も趣があります。ただ、室内はちょっと暗めなので、撮影の時は注意が必要です。時間が遅かったり天気が悪かったりすると、いろいろ工夫が必要かなと思います。
by ぷにすけ@管理人 No.131
同じく室内

もちろんフラッシュを炊けば明るくは撮れますが、雰囲気が乏しい写真になってしまう場合も‥。デジカメだったら撮った写真を確かめながら撮影モードを変えてみたり、フラッシュを焚いたり焚かなかったりいろいろ試してみるといいかなと思います。
by ぷにすけ@管理人 No.132
「お化け」の装い

節分の「お化け」の装いです。舞妓さんは普段の衣装に黒襟をかけて、町娘風にしたものを身につけたり、髪型をいつもとは違う形に結ったりします。かんざしもくす玉など、季節の花簪とは趣の変わったもので。こちらは姉妹店「かにかくに」のお座敷で撮影しました。
by ぷにすけ@管理人 No.112

現行ログ/ [1] [2]


++HOME++
TOP
shiromuku(u)ALBUMS version 1.21